増える「墓じまい」には菩提寺や親戚との事前相談が必須

公開日: 更新日:

「もう管理できない」「墓を引き継ぐ人がいない」――。近年、都市部の人口集中や単身世帯の増加で、地方にある先祖代々の墓の管理から遠ざかっている人が増えている。こうした管理者不在の墓は「無縁墓」と呼ばれ、2013年に熊本県人吉市が市内の墓地を調査したところ、「無縁墓」の割合は実に4割に上ったという。

「無縁墓」とはいえ、管理費が必要なことや、寺から処理を請け負った業者が墓石を不法投棄するケースが社会問題化。このため、地方の墓を「墓じまい」し、住まいの近くへの改葬を検討する人も目立ってきた。

 改葬手続きの一般的な流れはこうだ。まず、新たな墓地から受け入れ証明書を取得し、それまで使用していた墓地から埋蔵証明書を発行してもらう。そして改葬先の自治体に埋蔵証明書などの必要書類を提出、許可を得るのだ。その後、石材店に依頼し、古い墓を更地にし、遺骨を取り出すのだが、留意すべきは費用だ。日本エンディングサポート協会の佐々木悦子理事長がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  3. 3

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る