「海福」など展開 ユサワフードシステム湯澤剛社長の巻<4>

公開日: 更新日:

鮨 だり半(東京・千駄ヶ谷)

「鮨 だり半」さんは、オーナーが市場出身。仕入れ先をガッチリ確保しているから、とにかく魚介類が新鮮で、抜群においしい海鮮居酒屋です。そういうと、どこにでもある海鮮が売りの店に思われるかもしれませんが、しっかりとした寿司を食べられるのがこの店のよさでしょう。

 カウンターに座って生ビール(580円)を頼むと、元気なスタッフがその日のおすすめを説明してくれます。

 イチオシはツボダイで、刺し身は850円、丸ごと煮つけは1500円。関東ではなじみの薄い魚種があるところに仕入れの強さが見て取れます。刺し身は、写真の通りのピカピカ、脂がのっています。その後ろにあるのは、お店名物のカツオの藁焼き(780円)です。教えてもらった通りに塩でいただくと、まるでスモークしたような香りが鼻に抜けます。刺し身やタタキとは別物。魚をよく知る大将だからこその調理でしょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  9. 9

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る