従来の社員教育は通用しない 彼らは最短ゴールを重視する

公開日: 更新日:

「上司の身につけたこれまでの経験と知識が通用しない。ビジネス環境は“地殻変動”レベルの変化が起きています」

 こう話すのは、リクルートマネジメントソリューションズの桑原正義主任研究員。桑原氏が念頭に置いているのは、「ジェネレーションZ」の新入社員たちだ。

 1990年代後半以降に生まれ、生まれた頃からネット環境に親しんできた世代。ブランドものに興味はなく、空き時間は読書やテレビではなくSNSを楽しむ。国内では、それ以前の世代が“ゆとり世代”と呼ばれたのに対し、“さとり世代”ともいわれている。なにしろ、一度も景気のいい頃を知らない。

「子供の頃に東日本大震災などを目の当たりにし、物質的な豊かさより本質的なものへの関心が高い。行動を阻害する要因は不安と恐れ。厳しい指導が嫌なのではありません。強い調子の言い方や圧力に慣れていないだけです」(桑原氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  9. 9

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る