新入社員は離職ゼロ 中小企業「ふらここ」が講じた策とは

公開日: 更新日:

 中小企業にとって、人材確保は死活問題だ。厚労省によれば、大卒の新卒者の3年以内の離職者は3割を超えるというが、ひな人形や五月人形の製造・販売を手掛ける創業11年目の「ふらここ」(東京・東日本橋)では、新卒採用を始めた2015年以降、離職者はゼロ。何が若手を引きつけるのか?

「会社ぐるみで社員を応援しようという制度がそこかしこにあります」

 そう言うのは、入社5年目の中途採用の女性。社員23人中22人が女性ということもあり、休日出勤では子供を連れてくる社員も。仕事の能率が下がっても、社長が「(子供に)会えてうれしかった」と歓迎してくれるので、実行に移しやすい。

 社長の原英洋氏(56)が“大改革”を行ったのは13年。当時十数人の全社員の声を集め、「より長く、より働きやすい環境をつくる」ための社内制度づくりに着手。一定の形が出来上がった後も、現在に至るまで毎年、ブラッシュアップを重ねている。入社1年目も含めた全社員の声を拾い上げ「働きやすい環境」を追求し続けている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  6. 6

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  7. 7

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  8. 8

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る