4、5月は6割が新入社員 “退職代行ビジネス”大盛況の理由

公開日: 更新日:

「今すぐ会社を辞めたいけど、上司が怖くて言い出せない」「入社したけど話が違い、仕事が合わないから退社したい」。こうした会社に退社の意思を伝えられない人に代わり、電話で退社の意思を伝える「退職代行サービス」が大盛況だ。

 退職代行を運営する「ニコイチ」(静岡県駿東郡長泉町・山田照子代表)は、2013年に事業をスタートして以来、これまで6年間で5300件の退職依頼を代行してきた。同社で退職代行を担当している西村明氏が言う。

「昨年は毎月平均150件前後の依頼でしたが、今年に入り急増し3月、4月は300件を超えています。5月もすでに(14日現在)150件を超えました。お客さまは20代前半が多く、会社は大手企業から中小企業までさまざまで、4、5月は6割が新入社員でした」

 人事の総合メディア「@人事」(東京都千代田区・小原琢磨代表)が19年3月卒業予定の学生に行った「内定先企業の退職予定時期」の調査によると、「半年から3年未満」と具体的に退職時期を想定している学生は24.4%にも達している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  6. 6

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  7. 7

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

  8. 8

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  9. 9

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  10. 10

    原監督の隣で評価上げる“参謀”巨人・元木ヘッドの万能ぶり

もっと見る