白川優子さん<4>ネパール地震では手術室の立ち上げを担当

公開日: 更新日:

 国境なき医師団(MSF)というと、イラク、シリア、南スーダンなど紛争地での活動ばかりを思い浮かべるが、地震や台風といった被災地への派遣も行っている。実際、2011年の東日本大震災でも、MSFは救援に駆け付けた。

 2015年4月25日、ネパールの首都カトマンズとその周辺でマグニチュード7・8の大規模地震が発生。死者約8500人、人口の3割の約800万人が被災するという甚大な被害をもたらした。

「地震当日に派遣の打診があり、すぐにネパールに向かいました。この時は2週間という短期の派遣で、私の任務は手術室看護師として手術室を立ち上げ、オペができる態勢を整えて後任に引き継ぐことでした。ガタガタの山道を7時間かけて走り、孤立した山岳の村アルガトに到着。まずテントを設営し、エンジニアらとともに必要な機材を組み立てて滅菌室を造りました。このように派遣には長いのも短いのもあって、長ければ1年くらい、短期だと3カ月とか、今回のネパールのような2週間という派遣もあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  9. 9

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  10. 10

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る