白川優子さん<5>どうしてISやアルカイダまで助けるのか?

公開日: 更新日:

 最近の白川さんは、国境なき医師団(MSF)の「顔」的な存在としてメディアに取り上げられる機会も増えている。学校その他で講演を頼まれることもある。

「でも、私は決してスーパーウーマンではありません。初めてMSFの説明会に行ったのは25歳の頃。その時は英語力不足で打ちのめされました。それでも夢を諦めず、30歳で留学して語学力を身につけ、36歳で晴れて採用されました。これから先の将来は何をしたいかと考えていた時、ある人に『経験を若い人に伝えること』も重要な仕事だと教えられました」

 白川さんは少し考えてこう続ける。

「今はリクルーターとして後進の指導を担当しています。面接に落ちるということは自分を否定されたような気持ちになりますが、私のような人間でもやれてます。また、今回は不採用だった人に私の挫折の経験を話すことで何らかのお役に立てるような気もします。これはMSFを目指す人に限った話ではないのですが、『夢って20代でかなわなくてもいいんだよ』と伝えたいですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  3. 3

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  4. 4

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  5. 5

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  10. 10

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

もっと見る