善意で拡散したつもりが…SNSの「人捜し」投稿に潜む危険

公開日: 更新日:

「あおり運転男」と行動を共にした「ガラケー女」に間違えられた女性が、デマを流した人たちを相手にした法的措置を検討中だ。代理人の小沢一仁弁護士は会見で、「6600リツイートされたので、雪だるま式に10万件を超える」と指摘。発信者はもちろん、リツイートで拡散した人たちの責任も追及していく構えだ。

「ツイッターのリツイートやフェイスブックのシェアは、紙にコピーして不特定多数に配るのと同じ行為。個人の信用に傷をつけるような内容であれば、理屈としては名誉毀損が成立します。逮捕されてもおかしくはありません」と言うのは、中島章智弁護士。フェイスブックの「いいね」でも、それによってデマが拡散するような設定になっていれば、アウトになる可能性もある。軽い気持ちでポチッとしたことが、とんでもない事態を招く恐れがあるのだ。

 危ないのは、今回のような「犯罪者の特定に関してデマを流す」というケースだけではない。本人は善意のつもりで拡散しているのに、知らないうちに加害者に手を貸している場合もある。“行方不明”になった我が子について、「この子を捜しています」と写真と一緒に投稿、情報の拡散を希望しているようなケースだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  3. 3

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  4. 4

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  5. 5

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  6. 6

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  7. 7

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  8. 8

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  9. 9

    元WHO専門委員・左門新氏「コロナ対策は95%達成で十分」

  10. 10

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

もっと見る