フォレスト出版 太田宏社長は英探検家の姿に自分を重ねた

公開日: 更新日:

 バブル崩壊を迎えた日本は、銀行破綻など想定外の事態の連続だった。当時編集プロダクションの編集部長だった太田さんは、不安定な社会情勢に未来予測する書籍を手がけ、10万部を超えるヒット作を飛ばしていた。「これなら自分で出版社をつくったほうが割がいいのではないか」。こうして1996年4月1日、フォレスト出版を立ち上げた。

「1996年は、出版業界が過去最高の2兆6000億円超を売り上げた年で、そこを境にマイナス成長に転じます。さらに経営者として想定外だったのは、出版社から編集を委託されて制作を行う編集プロダクションと、版元となる出版社とでは、経営にかかるコストが2桁も違っていたことでした」

 働く皆さんが明日から使える知恵をお届けしたい、そんな志で船出したものの、本が売れない、資金が足りないと、いきなり経営危機に直面した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  4. 4

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  5. 5

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  6. 6

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

  7. 7

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  8. 8

    本命は高津、対抗が池山…ヤクルト次期監督“大穴”候補とは

  9. 9

    ZOZOは4000億円で…メルカリやAmebaTVはいくらで買える?

  10. 10

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る