ピップ社長 松浦由治さん リーダーとは何かを考えた一冊は

公開日: 更新日:

 ロングセラー商品「ピップエレキバン」で知られるピップは、大阪で問屋として創業した。今も売り上げの大半を医薬品やヘルスケア用品、健康食品などの卸販売が占めている。

 2005年にピップトウキョウ(現ピップ)の社長に就任した松浦さんは創業家の出身。

 子どもの頃から、おぼろげながらに自分が置かれている立場を理解していたという。学級委員としてクラスのまとめ役を任されるタイプでもあった。

 そんな環境で育ったこともあり、新田次郎の山岳小説「八甲田山死の彷徨」には感じ入るところが多かったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  2. 2

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    大場久美子さん 家で「365日3食」利用できる子ども食堂を

  6. 6

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  7. 7

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  8. 8

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  9. 9

    巨人もベタ降り? 大船渡・佐々木に日本ハム単独指名の目

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る