河合雅司さん<2>囲み取材で小渕首相の変調に気づかず…

公開日: 更新日:

 初任地の山形支局の次は多摩支局に赴任した。このとき初めて経験したのが夕刊の紙面づくり。山形エリアには夕刊がなかったため、日中に締め切りを迎えるのは新鮮だった。

 その後、政治部に異動。“新人”は総理番をする習わしがあり、2000年、小渕恵三首相が倒れる前の最後の現場にもいた。

「小渕さんが倒れる前日の4月1日に小渕・小沢会談がありました。当時の自民党は、小沢一郎さんが率いる自由党とも連立を組んでいましたが、決裂するという話が流れていた。そんなタイミングで迎えた党首会談で、小渕さんは終了後の囲み取材に応じたのです。このときは、不自然な感じはありませんでした。確かに、言葉が出るまでに時間はかかっていましたが、重要な政治局面だから、頭の中で整理をしながら慎重に話しているのだと思っていました。先輩やデスクからも『変調はなかったのか』と聞かれたんですが、全く感じられなかった。まさか、その夜に脳梗塞で倒れるとは、思いもよらなかったです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  10. 10

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

もっと見る