今泉健司さん<1>奨励会退会日から3日はベッドから動けず…

公開日: 更新日:

 戦後最年長の41歳でプロ棋士になり、昨年、NHK杯将棋トーナメントで15歳の史上最年少プロ棋士・藤井聡太七段を破って名を上げた今泉健司さん(45)。プロになる前は、2度も将棋の道をあきらめ、会社勤めをした経歴をもつ。異色の棋士は、なぜ遅まきながら花を咲かすことができたのか――。

  ◇  ◇  ◇

「藤井君に勝てたのはまぐれです。技術面でいうと、甘くみても僕の勝ち目はせいぜい2割。でも、勝負は何が起こるか分かりませんから。自分の長所や勝ちパターンは何かを考え抜き、僕が粘れそうな泥仕合になったら勝機はあると思いました。そんな展開にどうやって持ち込むかをイメージして対局に臨んだのです」

 イメージ通りの粘り勝ちだった。その粘りこそ、将棋でも、人生でも、今泉さんの持ち味で、ファンを引きつける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    社会のダニが結集した日本維新の会はすみやかに解散すべき

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  7. 7

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  8. 8

    12球団トップの20発 西武山川が語る“どすこい”本塁打理論

  9. 9

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

  10. 10

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る