小島慶子さん<5>管理職には向かない 社内表彰で退社を決意

公開日: 更新日:

 会社を辞めようと思ったことなど一度もなかった。出産後もやりたいことをやらせてもらっている。自分は恵まれていると感じていた。

 ただ、周囲が思い描く「女子アナ像」には違和感を覚えていた。なぜ優等生の女の子でなければならないのか。なぜ暗黙のうちに理想的な職場の華を体現するように求められるのだろうか。画一的なイメージは覆したかった。

「こういう女性であれ、という女子アナ像の拡散に、私は加担をしたくなかった。だから、世間のイメージからは、なるべく逸脱するようにしてきました。でもね、会社は企業の看板娘を務める局アナに対して、高いお給料を支払っているんですよ。その役割を逸脱すれば、本業を全うしないでサラリーを頂くことになると考えるようになりました」

 自分でも納得できるように振る舞って、気持ちよく対価をもらいたかった。でも、会社にいる限り、その望みはかなわない。解けない方程式を心に抱えながら、次第に居心地の悪さを感じ始めていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    「官邸官僚」の嘘と罪 ゲーム感覚で権力振るうモンスター

  8. 8

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  9. 9

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  10. 10

    男子ゴルフツアーでクーデター 大量41人が青木体制に“NO”

もっと見る