師岡正雄さん<1>「マイク乗りのいい声だよ」と褒められた

公開日: 更新日:

 ニッポン放送のスポーツ中継でおなじみの師岡さんは、今年1月に早期退職し、フリーアナウンサーとして活躍中だ。「ドーハの悲劇」と「ジョホールバルの歓喜」の両方を伝えたベテラン。WBC連覇にも立ち会ったが、もともとアナウンサーになるつもりなどなかったという。

 子供のころから声は大きかった。友だちと教室で騒いでいると、自分だけ叱られる。職員室まで響き渡るような声質だったのだ。

 それでも「いい声をしている」だなんて思ったこともなかった。才能を見いだしてくれたのは、文化放送の少し年上のアナウンサーだった。

「大学3年の時からアルバイトをしていたんです。深夜の12時過ぎになると、みんなの夜食を買いに行くのも仕事でした。あるとき、泊まり番の2~3歳上のアナウンサーと一緒にスタジオの隅で酒を飲んでいたら、『師岡はあれか、アナウンサーになりたいのか』と聞かれたんです。『はあ? アナウンサーですか~』って驚いたんですが、『キミの声はマイク乗りがいいよ』『ちょっとしゃべってみなよ』と。初めて知りました。高校はサッカー部、大学も運動系のサークルで、下級生のときは声出しをやらされました。それで自然と腹式呼吸ができるようになったのかな。『やっぱ、乗りいいじゃん』って言われて、急にその気になったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  5. 5

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 7

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  9. 8

    また2ショットなし 綾瀬はるか“結婚報道”で私生活の深い謎

  10. 9

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  11. 10

    貯蓄額1500万円の家庭が実践する資産を増やす“4つの方法”

もっと見る