松野弘さん<1>大学に残るはずが 電通では一番ヒマな部署へ

公開日: 更新日:

 松野さんは1970年に早稲田大学第一文学部を卒業した。社会学専攻で、当時はだれも関心を寄せていなかったマイノリティー問題を研究。教授から「大学に残れ」と勧められていたこともあり、就職試験の準備はしていなかった。

「ボクはね、大学を出てサラリーマンになるつもりはまるでなかった。大学院に進んで研究を続け、ゆくゆくは大学の教員に――と考えていたんです。ところが、4年生になって田舎のオヤジから“就職してくれ”と言われてね。迷いに迷った揚げ句、親を安心させるため、4年生の6月になって急きょ、マスコミ系2社の就職試験を受けた。電通とジャパンタイムズです。実は当時、電通は指定校推薦制度があって、学内選抜を通り筆記試験に受かれば、面接試験は形だけ。ほぼ内定が出たんです。ボクは自分で言うのもなんだけど、日本育英会の特別奨学生で成績優秀だったから。アハハ、本当ですよ。電通は7月上旬に内定が出たので、ひとまず就職することにしたというわけ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る