樋田かおりさん<1>青森放送時代の上司との出会いで激変

公開日: 更新日:

 樋田さんは元青森放送のアナウンサー。中京テレビを経て、現在は現役女子アナウンサーが社員研修やビジネスマナーなどを教える「トークナビ」の代表を務める。所属する女子アナは総勢34人の大所帯だ。

  ◇  ◇  ◇

 マイクを前に何やら話しているのは高校3年生の樋田さん。横顔なのが惜しいが、花も恥じらう乙女の頃の思い出だ。

「奥の方をよく見てもらえばわかる通り、野球場ですね。母校の岐阜商業高校の放送部が甲子園大会予選のウグイス嬢を担当していて、『4番、ピッチャー、鈴木くん』なんて声を張り上げていました」

 少しモジモジした様子で話す樋田さん。女子アナといえば目立ちたがり屋のイメージも強いが、彼女からはその印象をみじんも受けない。

「兄2人の3人きょうだいの末っ子で、いつも『といだくんの妹』として兄にくっついている引っ込み思案の幼少期を送りました。学校の授業でも『声が聞こえません』とよく注意されましたし、通知表の先生のコメント欄も決まって『おとなしい』と書かれていたものです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

もっと見る