樋田かおりさん<1>青森放送時代の上司との出会いで激変

公開日: 更新日:

 樋田さんは元青森放送のアナウンサー。中京テレビを経て、現在は現役女子アナウンサーが社員研修やビジネスマナーなどを教える「トークナビ」の代表を務める。所属する女子アナは総勢34人の大所帯だ。

  ◇  ◇  ◇

 マイクを前に何やら話しているのは高校3年生の樋田さん。横顔なのが惜しいが、花も恥じらう乙女の頃の思い出だ。

「奥の方をよく見てもらえばわかる通り、野球場ですね。母校の岐阜商業高校の放送部が甲子園大会予選のウグイス嬢を担当していて、『4番、ピッチャー、鈴木くん』なんて声を張り上げていました」

 少しモジモジした様子で話す樋田さん。女子アナといえば目立ちたがり屋のイメージも強いが、彼女からはその印象をみじんも受けない。

「兄2人の3人きょうだいの末っ子で、いつも『といだくんの妹』として兄にくっついている引っ込み思案の幼少期を送りました。学校の授業でも『声が聞こえません』とよく注意されましたし、通知表の先生のコメント欄も決まって『おとなしい』と書かれていたものです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  2. 2

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  3. 3

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  7. 7

    三流国家のワル経営者に蝕まれる日本企業に世界が冷笑

  8. 8

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  9. 9

    丸の活躍で味をしめ…原巨人の次なる標的は中日159km左腕

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る