高リスクな開催時期 台風が東京五輪を直撃したらどうなる

公開日: 更新日:

 台風19号によって、ラグビーW杯は3試合が中止になった。同大会では史上初の判断だが、ここで気になるのは来年の東京五輪・パラリンピックだろう。開催期間の7月24日~8月9日(パラリンピックは8月25日~9月6日)は台風や集中豪雨のリスクも高い。こうした気象への対策はどこまで進んでいるのか。

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は、大会招致の際、〈この時期の天候は晴れる日が多く、かつ温暖であるため〉としていた。猛暑だけでも一大事だが、この時期は14年広島豪雨(8月20日)、15年関東・東北豪雨(9月9~11日)、17年九州北部豪雨(7月5日)、18年西日本豪雨(6月28日~7月8日)など毎年のように集中豪雨による災害が起きている。そうなったらオリンピックどころの騒ぎではない。

 組織委員会は今年6月から9月まで、本番に備えたテスト大会を開催している。その結果、たとえば「ゴルフ」は本番会場の埼玉県川越市の霞ケ関カンツリー倶楽部で8月15日にテスト大会を行ったところ、雷の影響でプレーが3回中断した。9月9日に江東区の本番会場で行う予定だった「カヌースプリント」の公式練習も台風15号の影響で中止になった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  3. 3

    巨人・中島が年俸1.5億円→2000万円 それでも「高い」の声

  4. 4

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  5. 5

    賀来でコケ…「日テレ日曜ドラマ」清野&横浜で復活なるか

  6. 6

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  7. 7

    戸田恵梨香は恋多き女「スカーレット」のラブラブ現実に?

  8. 8

    東証株価590円急騰でまだ間に合うか 年末の狙い目23銘柄

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る