武蔵小杉は浸水…著名人が住む“元祖”セレブエリアは安全か

公開日: 更新日:

 台風19号が関東甲信越を中心に甚大な被害をもたらした。いまだ避難所生活を送る人たちも含め、政府や自治体の公助に頼らない「自助」「共助」の重要性が改めて分かった。家族を守るのは、やはり家族だ。

  ◇  ◇  ◇

 土地の高さが海水面より低い「海抜ゼロメートル地帯」が7割を占める江戸川区を筆頭に江東5区(ほかは足立、葛飾、墨田、江東)は、荒川と江戸川が同時氾濫すると、総人口の9割以上250万人が浸水被害に遭う。

 ところが、今回の水害で意外だったのは、二子玉川(世田谷区玉川)、田園調布(大田区)、武蔵小杉(川崎市)といった首都圏のセレブエリアも被害を受けたことだ。

 せっかく大金を払って家を買ったのに、危険な土地なら費用対効果が悪い。他のセレブエリアは大丈夫なのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相また疑惑 18年「桜を見る会」で総裁3選“支持固め”

  2. 2

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  3. 3

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  4. 4

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

  5. 5

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  6. 6

    完全アウトな国家の私物化 安倍政権は桜を見る会で詰んだ

  7. 7

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  8. 8

    露骨な隠蔽工作発覚「桜を見る会」名簿廃棄は国会追及直前

  9. 9

    元ヤン公表が裏目…木下優樹菜は“現役ヤンキー”発覚で窮地

  10. 10

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る