世界農業遺産が冠水…台風19号「食のブランド」にも大打撃

公開日: 更新日:

 安倍政権の農産品輸出促進にも大打撃だ――。台風19号は世界農業遺産の農地「大崎耕土」に甚大な被害をもたらした。大崎耕土は、宮城県北部の大崎平野に広がる農地。ササニシキやひとめぼれの発祥地で、大豆の生産額は本州一の大穀倉地帯だ。

 中世以降、受け継がれる巧みな水管理基盤などが評価され、2017年、国連食糧農業機関(FAO)から「世界農業遺産」の認定を受けた。

 台風19号で吉田川の堤防が決壊し、大崎耕土の一部が浸水。現在、ポンプでたまり水を排水しているが、なかなか水が引かない。

 農水省から大崎市産業経済部の世界農業遺産推進監に出向している武元将忠氏に現地の状況を聞いた。

「地方創生として、大崎耕土で取れた農産物をブランド化して販売する取り組みをしています。富裕層や輸出向けに1本1万円するトマトジュースの原料となるデリシャストマトがあるのですが、今回、ビニールハウスが冠水してしまいました。9カ月ある摘み取り期間は、半月前に始まったばかり。冠水したトマトの今季の出荷は厳しい。また、大豆はちょうどこれからが収穫期。一度浸水するとアウトなので、大変心配しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  3. 3

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  4. 4

    案里議員認めた1億5000万円「安倍マネー」を原資に不正か

  5. 5

    夫婦別姓「結婚しなくていい」ヤジはやはり杉田水脈議員

  6. 6

    職場仲間である辛坊治郎のパワハラ疑惑について言いたい

  7. 7

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  8. 8

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  9. 9

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  10. 10

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る