アルツハイマー血液1滴で早期診断 名古屋市立大などが開発

公開日: 更新日:

 アルツハイマー病患者では細胞間の情報伝達を担う「エクソソーム」と呼ばれる小胞が減る現象に注目し、血液検査で早期に診断できることを発見したと、名古屋市立大や大分大などの研究チームが5日発表した。

 この小胞はタンパク質の「フロチリン」が目印になるため、血液に含まれるフロチリンの量が健常者よりどれぐらい減っているかを調べる。

 名古屋市立大の道川誠教授は「血液1滴以下でフロチリンを検出し、アルツハイマー病やその前段階の軽度認知症を診断できる」と説明。

 企業と検出法の改良に取り組んでおり、陽電子放射断層撮影(PET)検査などより簡便で安い診断法として実用化を目指すという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  3. 3

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  4. 4

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  5. 5

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  9. 9

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

  10. 10

    TVタックル主題歌で注目 東野純直さんはラーメン屋店主に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る