アルツハイマー血液1滴で早期診断 名古屋市立大などが開発

公開日: 更新日:

 アルツハイマー病患者では細胞間の情報伝達を担う「エクソソーム」と呼ばれる小胞が減る現象に注目し、血液検査で早期に診断できることを発見したと、名古屋市立大や大分大などの研究チームが5日発表した。

 この小胞はタンパク質の「フロチリン」が目印になるため、血液に含まれるフロチリンの量が健常者よりどれぐらい減っているかを調べる。

 名古屋市立大の道川誠教授は「血液1滴以下でフロチリンを検出し、アルツハイマー病やその前段階の軽度認知症を診断できる」と説明。

 企業と検出法の改良に取り組んでおり、陽電子放射断層撮影(PET)検査などより簡便で安い診断法として実用化を目指すという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  2. 2

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    歌も踊りもやらないジャニー氏が踊るように指示できた理由

もっと見る