被災地のいま<上>台風19号1カ月 長野を襲う下水と土の臭気

公開日: 更新日:

「片づけても片づけてもゴミが出てくる」――。史上最強クラスの台風19号の直撃から12日で1カ月。千曲川沿いの堤防決壊で水没した長野市長沼地域の住民からは、災害ゴミや泥の片づけに疲れきった声が聞こえてくる。日刊ゲンダイ記者が現場を歩いた。

 長野電鉄長野線・柳原駅から、道沿いに果樹園などが並ぶ「アップルライン」(国道18号)を徒歩で20分北上すると、長沼地域に差し掛かる。最高気温15度でも、手が冷たい風でかじかむ寒さだった。

 最も被害の大きかった穂安地区まで千曲川沿いの堤防を歩きながら、東側に広がるリンゴ畑を見下ろすと、数百本を超える樹木が上流から下流に向かって横倒しになっている。葉もリンゴも枯れ木のように茶色く汚れており、リンゴ農家の70代男性は「堤外のリンゴは全滅。約200本の木がダメになってしまった」と肩を落とした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」と綾瀬はるか「八重の桜」嫌な共通点

  3. 3

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  6. 6

    和牛に海鮮…山田広報官ら東北新社“37万円ゴチ”お咎めは?

  7. 7

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  8. 8

    森七菜に二宮和也もデレデレ…男を“骨抜きトーク”は計算か

  9. 9

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

  10. 10

    NHK大河「青天を衝け」2回目視聴率急降下でよぎるジンクス

もっと見る