奥野修司
著者のコラム一覧
奥野修司ノンフィクション作家

▽おくの・しゅうじ 1948年、大阪府生まれ。「ナツコ 沖縄密貿易の女王」で講談社ノンフィクション賞(05年)、大宅壮一ノンフィクション賞(06年)を受賞。食べ物と健康に関しても精力的に取材を続け、近著に「本当は危ない国産食品 」(新潮新書)がある。

食肉だけじゃない ホルモン入り米国牛乳と乳製品の危険性

公開日: 更新日:

 通常、乳牛が子育てのために必要な乳量は年間1000リットルほどだが、改良に改良を重ねて現在は8000リットル以上も搾乳する。乳牛にはこれだけでもすさまじい負担だと思うが、牛成長ホルモンを使うと、これがさらに20%ほど増加する。ちなみに搾乳量が多い乳牛は乳腺炎にかかりやすく、乳房が化膿して膿が牛乳に混じってしまう。そこで治療のために抗生物質を使うから、この乳牛から搾った牛乳には、ホルモン+抗生物質が混じっていることになる。

■だが日本だけが乳製品の輸入は黙認

 この牛成長ホルモン、米国では認可されているが、EUはもちろん日本でも認可されていない。認可されない理由はこうだ。このホルモンを注射すると、「インスリン様成長因子IGF―1」という長ったらしい名前の物質がどっと増え、これが前立腺がんや乳がんの発症のリスクになることがわかって、消費者が拒絶しているからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  3. 3

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  8. 8

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

  9. 9

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  10. 10

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

もっと見る