パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

公開日: 更新日:

「状況が悪くなると野菜などの生鮮食品や生ものの入手が困難になる恐れがあります。ビタミンやミネラル不足に陥らないために錠剤を購入しておいたり、タンパク質の補充にはプロテインがいいでしょう。プロテイン入りゼリーやバーもあります。チョコレートやフルーツなど味の種類もさまざまで食べやすいです」(高荷智也氏)

 免疫力が高まるビタミンDを摂取するにはサバやニシンなどの缶詰もいい。

 そのほか、買い物が難しくなるので、子ども用のおむつや介護用品、ペットのエサなどの補充もしておくと安心だ。

 常備薬も必要だ。新型コロナウイルスに限らず、この時季は風邪やインフルエンザの可能性もある。病院が混雑して行けないことも考慮して、胃薬や解熱剤の在庫は確認しよう。

 ただし、37・5度以上の発熱が4日以上続く場合(解熱剤を飲み続けなければならない状況も)のときは、飲む前にかかりつけ医か「帰国者・接触者相談センター」に問い合わせること。

 厚労省のHPから最寄りの保健所の電話番号を調べることができる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

  8. 8

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

  9. 9

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  10. 10

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

もっと見る