コロナ禍で見切り発車 テレワーク“天国と地獄”分けるもの

公開日: 更新日:

 3児の母で育児に詳しいジャーナリストの中西美穂氏が言う。

「“在宅勤務”ですから、勤務時間中に夫が仕事に専念しなければならないことは分かります。ただ、いくら頭では理解していても、夫が家の中でパソコンの前にデンと座ったまま子育てを全く手伝ってくれなかったら頭にきます。だったらいっそ、出勤してもらうか、テレワークではなく思い切って休暇を取得して欲しい。厚労省も保護者が仕事を休んだ場合に日額8330円を上限に賃金を補償する制度の概要を発表しました。世の父親にはぜひ活用していただきたいと思います」

 勤務先の企業や部署、独身か既婚かなどによってテレワークは天国と地獄に分かれるようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  6. 6

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  9. 9

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る