留守番する子供に「作り置きカレー」食中毒リスクに要注意

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルス感染拡大のあおりで、トイレットペーパーやティッシュペーパーなど“買い占めパニック”が全国に広がっている。

 ある大手スーパー関係者がこう言う。

「最近はニンジンやジャガイモ、そしてカレーのルーがすぐに品薄状態になります。子どもが休校になり、カレーの作り置きをしている家庭が多いんじゃないですかね」

 夫婦共働きで毎食用意している余裕がない。とりあえずカレーで急場をしのぎたくなる気持ちは分かるが、管理栄養士の則岡孝子氏は「作り置きは“食中毒”のリスクがあるので、なるべく避けたほうがいいでしょう。だんだんと暖かくなってきているし、冬といってもマンションなどは室温も高い。もちろんカレーだって例外ではありません」と話す。

 実際、「ハウス食品グループ本社」の公式ホームページでも〈一晩寝かせたカレー〉には注意を促している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  8. 8

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  9. 9

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る