記者はマスクを発見 在宅勤務ならまずは部屋整理のススメ

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルス感染拡大で、今でもマスクは入手困難。記者も冬には気管支炎、春は花粉症に苦しむことが数年続いており、マスクはもともと手放せなかったのだが、ご多分に漏れず入手できない状態が続く。自宅近所のドラッグストアでも、開店前に並んだ10人足らずしか購入できていない。

 最近では「DIYで簡易マスク作り」などと報じられるものの、作るのはいいが実際に着用するには心理的に何となくハードルが高い。アルコール消毒をしながらマスクを使い回すのが現状だ。

 ところが…ひょんなことから自宅からマスクが出てきた。仕事柄、書類が多いのだが、資料を探しつつ、いい加減捨てようとしていた紙袋を整理していたら、書類の間からマスクがいくつも出てきたのである。

 そういえば、冬場にマスクを購入しては引き出しに入れっぱなしにしていた。夏はほとんど使わなくなるため、不要な書類に埋もれていたらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  3. 3

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  4. 4

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  5. 5

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  6. 6

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  7. 7

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  8. 8

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  9. 9

    元WHO専門委員・左門新氏「コロナ対策は95%達成で十分」

  10. 10

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

もっと見る