記者はマスクを発見 在宅勤務ならまずは部屋整理のススメ

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルス感染拡大で、今でもマスクは入手困難。記者も冬には気管支炎、春は花粉症に苦しむことが数年続いており、マスクはもともと手放せなかったのだが、ご多分に漏れず入手できない状態が続く。自宅近所のドラッグストアでも、開店前に並んだ10人足らずしか購入できていない。

 最近では「DIYで簡易マスク作り」などと報じられるものの、作るのはいいが実際に着用するには心理的に何となくハードルが高い。アルコール消毒をしながらマスクを使い回すのが現状だ。

 ところが…ひょんなことから自宅からマスクが出てきた。仕事柄、書類が多いのだが、資料を探しつつ、いい加減捨てようとしていた紙袋を整理していたら、書類の間からマスクがいくつも出てきたのである。

 そういえば、冬場にマスクを購入しては引き出しに入れっぱなしにしていた。夏はほとんど使わなくなるため、不要な書類に埋もれていたらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

  8. 8

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

  9. 9

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  10. 10

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

もっと見る