部屋や共用スペースは大丈夫?マンションの新型コロナ対策

公開日: 更新日:

 テレワークでオフィス街や繁華街は閑散としているが、そのぶん“人口密度”が高まっているのが公園やマンションだ。特にマンションは屋内のため“3密”が起きやすい。注意点と対策を、マンション管理コンサルタントの土屋輝之氏(さくら事務所)に聞いた。

 まず気になるのはエレベーターだが、「時間も限定的ですし、一般的に換気扇や換気口が付いているので“空間”としてはさほど心配ありません。ただし〈開閉・階ボタン〉はさまざまな人が触れているので高リスク。共用玄関のドアや手すりも同様です。こうした場所の清掃や消毒は徹底すべきです。玄関の風除室の外側のドアや中庭などへの通用口は常に開けておくのも換気対策としておすすめです」

 管理人や掃除スタッフがいる場合は「消毒も当然やってくれているだろう」と思いがちだが、早計だ。ささいな日常業務でも管理規約で勝手なことはできないからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  5. 5

    オスマン・サンコンさん 第3夫人通い婚にボランティア活動

  6. 6

    安藤裕氏 コロナ禍こそ平成の経済対策に終止符を打つべき

  7. 7

    大原則 政治家も宗教家も「政教分離」意味を知らないのか

  8. 8

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

  9. 9

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  10. 10

    東京湾では48時間に地震7回も…アプリで助かる率を上げる

もっと見る