感染有無を自宅で確認 新型コロナ抗体検査キットを試した

公開日: 更新日:

 政府による緊急事態宣言から1週間。多くの国民が外出自粛生活を余儀なくされている。新型コロナウイルスの感染拡大に不安が高まる一方だ。

 厚労省とLINEが実施した全国調査では、約2500万人から回答が集まり、「4日以上発熱している」と答えた人が0.11%の2万7000人に上った。発熱が続くと不安になるが、なかなかPCR検査を受けられない状況に変わりはない。

 感染者の多くは症状が軽いか無症状で、短期間で治るともいわれている。自分がすでに感染していたのか、それとも感染する可能性があるのか。分からないから不安が増す。

 日刊ゲンダイ記者も昨年末に発熱し、咳が数日間続いたことがあった。病院でのインフルエンザ検査は陰性。当時はまだ認知されていなかったが、もしかして、あれはコロナだったのではないか――。モヤモヤを解消すべく、新型コロナ感染時に生成される抗体の有無を自分で調べる簡易キットで検査してみた。抗体があると分かれば、満員電車も怖くない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  5. 5

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  6. 6

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  7. 7

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  8. 8

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  9. 9

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  10. 10

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

もっと見る