日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

公開日: 更新日:

 25日、全国で新たに確認された新型コロナウイルス感染者は495人。東京(124人)、大阪(70人)が目立つものの、気がかりなのは全国各地でジワジワ増加傾向にあることだ。秋冬の第3波は、列島の隅々に到来しつつある。

 ◇  ◇  ◇

 中でも、感染拡大の危機が迫り、対応が急がれるのは別表の22道府県。「実効再生産数」「10万人当たりの病床数」「重症者数」を一覧にした。

 最も注目なのは、1人の感染者が平均で何人に感染させるかを表す指標である「実効再生産数」だ。1を下回ると感染者数は減少し、収束に向かうが、1を上回ると感染は拡大する。東洋経済オンラインが算出している全国の実効再生産数(10月23日時点)は1・01人。22道府県が1を上回っている。

 1人が2人以上にうつす「2超」は4県。トップの山口は10月11日以降、感染者ゼロが続いていたが、21日に東京出張帰りの70代会社役員の感染が確認された。陽性の濃厚接触者3人のうち1人は当初、無症状だったが、現在は重症だ。

 群馬では県警大泉署で9人感染のクラスターが発生。全署員107人中74人が自宅待機という異常事態になっている。前橋市の専門学校生5人の感染も確認された。岡山では5人の会食クラスター、和歌山では7人のスナッククラスターが起きている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  5. 5

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  6. 6

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  7. 7

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    黒木瞳の監督映画が大コケの様相…不運続きに同情的な声も

もっと見る