広島市80万人「PCR検査」無料実施 聞こえてきた困惑と憂鬱

公開日: 更新日:

 広島県が大胆な策に打って出る。新型コロナウイルスの感染拡大が続く広島市に対し、大規模なPCR検査を実施することを決めた。対象は特に感染者が多い広島市の中、東、南、西の4区の全住民と働く人たち。住民は約60万人、就業者は約20万人と見込む。対象者が最大80万人となる大規模な検査はもちろん、全国で初めてだ。

 広島市は人口10万人当たりの新規感染者数などが感染状況のステージ4(爆発的感染拡大)を超え続けている。政府も緊急事態宣言の対象に準じる地域と位置付け、対象地域と同様の財政支援を行う方針を発表した。

 検査は強制ではなく、あくまで任意だが、希望者は自己負担なしで受けられる。

「具体的な検査方法や実施場所、陽性判明者の宿泊療養施設の確保などを含めて現在、検討中です。財源は国からの支援を念頭にやりくりすることになります。できるだけ早期に実施し、なるべく多くの人に受けていただき、感染の広がりを抑えていきたい」(広島県健康対策課)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  4. 4

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  5. 5

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  6. 6

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  7. 7

    東電22兆円巨額裁判の行方「株主代表訴訟」弁護団長に聞く

  8. 8

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  9. 9

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  10. 10

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

もっと見る