【糟辣魚】ソース一滴も残したくないほど美味

公開日: 更新日:

「貴州火鍋」(東京・新小岩)

 日本の普通のスーパーには並んでいない糟辣椒だが、この料理だけはなんとか糟辣椒を手に入れて作ってみて欲しい。

 生唐辛子をすり潰し、ニンニク、ショウガと一緒につぼで発酵させた調味料である糟辣椒は、香り、酸味、うま味が素晴らしく、ほかの調味料では替えが利かない。

 初めて「貴州火鍋」へ行った時に糟辣椒を購入した記者は、この味にすっかりハマってしまい、毎日食べている。湯豆腐のタレにしたり、白身魚の刺し身にのせたり、うどんやそばのアクセントにしたり、おにぎりの具材にしたり……。もはや糟辣椒がないと生きていけない。大げさでなく……。

 糟辣魚は、糟辣椒を使って魚を一匹丸ごと煮込んだ料理。貴州では川魚を使うが、店ではイサキを使っている。

《材料》
・イサキ(内臓などを取って下処理したもの)
・糟辣椒
・豆板醤
・おろしショウガ
・おろしニンニク
・砂糖
・黒酢
・塩
・刻みネギ
※量は適量で

《作り方》
(1)鍋に油を入れて、糟辣椒、豆板醤、おろしショウガ、おろしニンニクを入れて香りが出てきたら、水を少し入れて魚に火が通るまで煮込む。
(2)砂糖、黒酢、塩で味付けをする。糟辣椒、豆板醤の塩気があるので、塩は少量で。
(3)好みで仕上げに刻みネギを散らす。ソースはご飯と相性抜群なので、ぜひ残さずに。

▼(林敏)りん・みん
 中国・貴州省北部の遵義出身。遵義には中国最大の唐辛子市場があり、遵義産の唐辛子は味と香りに優れ、唐辛子の中でも特に辛いといわれている。貴州料理を味わい尽くすために、お店に行ったら、まずは林さんに相談を。懇切丁寧にメニュー選びのアドバイスをしてくれる。写真左側が林さん、右側は義理のお姉さんで、一級厨師の有資格者。

▼貴州火鍋
 2019年3月オープン。珍しい貴州料理が食べられるとあって、貴州人が集まって宴会を催すことも。5種類の唐辛子調味料、4種類の発酵調味料は自家製。記者は糟辣椒(ザオ・ラー・ジャオ=唐辛子の発酵調味料)が大のお気に入りで、店に行くたび購入している。現在、家族の病気療養のため中国へ一時帰国中。再開のお知らせは、フェイスブック で。

東京都葛飾区新小岩1―55―1 多田ビル1階
℡03・3656・6250

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  4. 4

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  5. 5

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  9. 9

    フジ女子アナにステマ疑惑…花形職業の凋落で自覚マヒか?

  10. 10

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

もっと見る