テレワークの座り疲れに“尻トレ”の勧め 猫背とむくみ解消

公開日: 更新日:

 テレワークの長期化で、疲れにくい椅子選びなどに注目が集まっている。ただ、どんな素晴らしい椅子でも長時間座っていれば腰や背中がだるくなる。そんな時に取り入れたいのが「尻トレ」だ。お尻の筋肉がこわばった状態が続くと上半身まで硬くなって猫背気味になったり、股関節が硬くなって腰痛やひざ痛、足のむくみを招く恐れがあるという。

■トレーニング前に筋膜リリースを

 そこで、美尻に特化したパーソナルトレーナーの宮河マヤさん(30)に自宅でできる「尻トレ」の方法を聞いた。宮河さんは先日、マルセイユのDF長友佑都(34)と共に「SAURUS JAPAN」というスポーツサプリメント会社のアンバサダーにも就任したばかり。

「お尻のトレーニングを始める前にぜひやっていただきたいのが筋膜リリースです。両脇の下、前大腿、ふくらはぎ、アキレス腱といったデスクワークによって血流が滞っていそうな場所にストレッチポールやテニスボールを当てていきます。特に股関節周辺が硬くなっている人が多いので入念にやってください。しっかり緩んだらいよいよ尻トレです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る