コロナ禍で貧富格差が拡大…今後は「隠れ失業者」問題も

公開日: 更新日:

 コロナが企業や国民の貧富の格差、偏重傾向を拡大させてきている。日経平均株価は30年半ぶりの3万円台を回復した。菅義偉首相は2月17日の衆院予算委員会で、野党議員から現在の株価について尋ねられ、「株高で恩恵を受けているのは幅広い国民の皆さんではないか」、さらには「この株高によってGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の運用益が出ている。これは国民の皆さんの財産になる」と答えているのだ。

【写真】この記事の関連写真を見る(22枚)

 首相は、株高がこのまま続くと考えているのだろうか。

 専門家の中には、すでに株価はピーク、実体経済と乖離した株価に今後の暴落を予期する声も出始めている。GPIFの運用益について、2020年1~3月期の運用が、コロナの感染拡大に伴う世界的な株安から、四半期ベースで過去最悪の17兆7072億円の損失額を計上したことを忘れているのか。ましてや株価の恩恵で、将来の年金支給額が増えると考える国民がいるとでも思っているのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  8. 8

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る