元DJの異色住職が始めた「テクノ法要」の知られざる世界

公開日: 更新日:

 今年のゴールデンウイークに8日間にわたって開催された「ニコニコネット超会議2021」。その中でもひときわ異彩を放ち、およそ4万人が視聴したのが「テクノ法要」というコンテンツだ。

 テクノ法要は2016年に始まった新たな法要のスタイル。仏像にプロジェクションマッピングを施し、テクノ音楽をバックにテクノボイスにアレンジされた読経を行う、まさに新時代の法要と言える。生みの親は、元DJという異色の経歴を持つ福井県照恩寺住職の朝倉行宣さんだ。

「テクノ法要を始めたきっかけは、参拝者の高齢化に対して、従来の方法でお寺や仏教に興味を持っていただくことは難しいと感じたところからです。ここ数年、全国のお寺でさまざまな試みがなされていますが、その中で自分なりにできること、したいことを考えた結果、生まれたのがテクノ法要です」(朝倉さん)

 ひとくちに仏教と言っても、経典や宗派ごとにさまざまな思想が展開され、どこまで追求してもしきれないほど奥が深いコンテンツである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  3. 3

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  4. 4

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  5. 5

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

  8. 8

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  9. 9

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  10. 10

    中居正広が「酒浸り」告白 五輪キャスター“再選出”も声かからず意気消沈の日々

もっと見る