中高年の無理な脂質カットは体を悪くする…メタボ悪玉論で“ヤリ玉”に挙がる脂肪の正しい知識

公開日: 更新日:

 アスリートは、スピードや瞬発力を求めて脂肪をそぎ落とす。サッカーや陸上などのトップ選手は、1ケタ台の体脂肪率が当たり前だが、2月の大阪マラソンを制した国学院大陸上部の平林清澄は、何と3%! 一般の人がマネする必要はないが、メタボ悪玉論との兼ね合いでヤリ玉に挙がる脂肪は、意外にも体に不可欠な一面もあるという。

  ◇  ◇  ◇

 マラソン界に現れたニューヒーローは初マラソンの勝負どころである30キロを過ぎても笑顔で駆け抜けていった。

 初マラソンとは思えない走りでゴールテープを切った記録は、初マラソン日本最高記録、日本学生新記録となる2時間6分18秒。終盤でも衰えない軽い走りは、陸上ファンの話題を呼んだ。

 ベールを脱いだスターの生活を報じたのは、日本テレビ系で15日に放送された「news every.」。食生活とともに明らかにされた体脂肪率は驚異的な3%だった。168センチ、44キロ。今年4年で、主将として部員を引っ張るチームの大黒柱は、失礼ながら女性のような体格だ。

「(体脂肪率を)測って3.0(%)なんですけど、機械が3.0までしか出ないらしくて、人間の生命維持活動の限界みたいな。命、削って走っています」

 チーム全体の平均が7%というから、平林のスリムぶりは突出していることが分かる。「軽さを生かした安定性」を追い求めて磨き上げた肉体だという。

■「食べていかないと追いつかない」

 自ら「命、削って」と語っているように、食事の重要性はしっかりと認識。「(走ったりすれば)エネルギーがなくなっていくので、食べていかないと追いつかない」と、その日は合宿所の夕飯にチーズハンバーグ、ジャガイモとツナの煮物、イタリアンサラダ、コンソメスープをおかずに350グラムの米を平らげ、パイナップルも口にしたそうだ。

 当然だが、シロウトが食事だけ極端に減らして減量しようとするのとはまったく違う。そのときのベストなコンディションを求め、トレーニングと食事を綿密にバランスしているのだ。

 このほどサッカー日本代表に復帰した長友佑都(37)は5年前、日清オイリオのCM撮影で体組成計に乗ったところ、8.5%と表示され、現場を驚かせた。

 スピードと瞬発力を追求するアスリートは極限まで脂肪をそぎ落としているが、そんなトップ選手の報道や脱メタボの流れに乗って、脂肪を悪玉視し過ぎるのはよくないという。

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変