氷点下17度のカナダ南部で身動きが取れなくなった主人を守った忠犬2匹に喝采!

公開日: 更新日:

 カナダ南部で2匹の忠犬が命がけで飼い主を守り、喝采が寄せられている。

 アルバータ州テーバーに住むアランさん(61=姓は非公開)は先月、人けのない湿地を秋田犬の血を引く雑種犬の「ヒーロー」と「トラ」と一緒に散歩中、ぬかるみの溝にはまり、身動きが取れなくなった。

 気温は夜間にマイナス17度の極寒になったが、2匹がアランさんに体をくっつけて温めたおかげで、凍死を免れた。さらに身動きの取れないアランさんを複数のコヨーテが襲撃してきたが、ヒーローとトラは、一歩も引かずにこれを迎撃。アランさんを守り抜いた。

 ぬかるみにはまって2日後、捜索をしていたテーバー市警の警察官らがアランさんと2匹を発見し救助。アランさんは低体温症を起こしていたため病院に搬送されて治療を受け、2匹は地元の動物愛護施設「テーバー迷子犬協会」に保護された。

 写真は退院後、ヒーロー(左)と、トラ(右)に再会したアランさんだ。

 それにしても忠犬の1匹の名前が「ヒーロー」とは。まさに「名は体を表す」と話題になっている。

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    新小結大の里“来場所で大関昇進”は十分に可能 目安の「三役で3場所33勝」すでに形骸化

    新小結大の里“来場所で大関昇進”は十分に可能 目安の「三役で3場所33勝」すでに形骸化

  2. 2
    巨人阿部監督「家康」から「秀吉」への変貌間近…12球団ワースト貧打で“秘策”解禁へ

    巨人阿部監督「家康」から「秀吉」への変貌間近…12球団ワースト貧打で“秘策”解禁へ

  3. 3
    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

  4. 4
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  1. 6
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  2. 7
    上田令子都議「私には『小池劇場』の幕を降ろす責任がある」

    上田令子都議「私には『小池劇場』の幕を降ろす責任がある」

  3. 8
    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  4. 9
    日本ハム期待の新星は「令和の曲者」か…あの達川光男氏「昭和、平成の匂いを感じる」と大絶賛

    日本ハム期待の新星は「令和の曲者」か…あの達川光男氏「昭和、平成の匂いを感じる」と大絶賛

  5. 10
    ロッテ佐々木朗希にWパンチ…苦手な交流戦到来、ドジャース入りにも暗雲漂い始める

    ロッテ佐々木朗希にWパンチ…苦手な交流戦到来、ドジャース入りにも暗雲漂い始める