気軽に登れる「低山」には思わぬ落とし穴が…人気の東京・高尾山でも遭難者が大幅増

公開日: 更新日:

 山の事故が増えている。

 警察庁が13日に発表した昨年の山岳遭難者数によると、前年から62人増の3568人で、統計を取り始めた1961年以降、最多となった。特に、観光地として人気の山で遭難が相次ぎ、過去5年間の平均と比較して、富士山は90%、穂高連峰は48%、遭難者が増えた。意外だったのは、気軽に楽しめる低山として知られる高尾山(標高599メートル)でも68%増と、遭難者が大幅に増加したことだ。

 高尾山は東京都八王子市に位置し、都心から電車で約1時間というアクセスの良さ。ケーブルカーなどが利用でき、年齢と体力に応じて登山を楽しめることで人気だ。事故が急増した背景について、日本山岳・スポーツクライミング協会はこう分析する。

「コロナ禍が明け、多くの登山者が戻ってきたことで事故が増えたのだと思います。また、高齢者を中心に自粛期間に体力が衰え、転倒するケースも増えているのかと。いずれにせよ、比較的容易に登れる高尾山でさえ、危険な箇所は多く、思わぬ落とし穴があります」

 高尾山の登山道は整備されているエリアも多いのだが、登山に関する著書があるジャーナリストの山田稔氏はこう指摘する。

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差