• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<下>「後戻りできるような形での規制導入」を示唆した座長発言

 受動喫煙防止対策をどうするのか。規制導入=条例制定か、条例ではない分煙社会の模索に進むのか。注目されるのが安念座長のかじ取り。3回目の検討会では最後にこう発言した。

「2つの考え方がある。(1)よりはっきりした有害の証拠が出るまで規制しない。(2)規制する。その後、有害でない、あるいは有害さが微弱というエビデンスが出てきたら規制を解除する。これはフィロソフィーの問題。パーソナルな考え方としては、後戻りできるような形で規制するのがいいのではないか」

 一方で「喫煙者の自由は保護されるべき」「中小、零細事業者の権利、利益は考慮されるべき」「さまざまなベクトルの要求に満足する方策があればそれに越したことはない」と、一律的な全面禁煙といった方向には懐疑的な様子だった。2月、3月と開かれる今後の検討会で、どんなフィロソフィーが示されるのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る