<下>「後戻りできるような形での規制導入」を示唆した座長発言

公開日:  更新日:

 受動喫煙防止対策をどうするのか。規制導入=条例制定か、条例ではない分煙社会の模索に進むのか。注目されるのが安念座長のかじ取り。3回目の検討会では最後にこう発言した。

「2つの考え方がある。(1)よりはっきりした有害の証拠が出るまで規制しない。(2)規制する。その後、有害でない、あるいは有害さが微弱というエビデンスが出てきたら規制を解除する。これはフィロソフィーの問題。パーソナルな考え方としては、後戻りできるような形で規制するのがいいのではないか」

 一方で「喫煙者の自由は保護されるべき」「中小、零細事業者の権利、利益は考慮されるべき」「さまざまなベクトルの要求に満足する方策があればそれに越したことはない」と、一律的な全面禁煙といった方向には懐疑的な様子だった。2月、3月と開かれる今後の検討会で、どんなフィロソフィーが示されるのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る