• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<下>「後戻りできるような形での規制導入」を示唆した座長発言

 受動喫煙防止対策をどうするのか。規制導入=条例制定か、条例ではない分煙社会の模索に進むのか。注目されるのが安念座長のかじ取り。3回目の検討会では最後にこう発言した。

「2つの考え方がある。(1)よりはっきりした有害の証拠が出るまで規制しない。(2)規制する。その後、有害でない、あるいは有害さが微弱というエビデンスが出てきたら規制を解除する。これはフィロソフィーの問題。パーソナルな考え方としては、後戻りできるような形で規制するのがいいのではないか」

 一方で「喫煙者の自由は保護されるべき」「中小、零細事業者の権利、利益は考慮されるべき」「さまざまなベクトルの要求に満足する方策があればそれに越したことはない」と、一律的な全面禁煙といった方向には懐疑的な様子だった。2月、3月と開かれる今後の検討会で、どんなフィロソフィーが示されるのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  7. 7

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  8. 8

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  9. 9

    安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円

  10. 10

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

もっと見る