「新たな発想」「東京独自スタイル」を主張する緊急提言

公開日: 更新日:

 この日は、座長の「とりまとめ方針」のほかに、もうひとつ重要な緊急提言があった。独協医大付属病院医師の名取春彦氏が提出した「受動喫煙対策の新たな発想」という6ページの提言である。その内容(項目)は次の通り。

(1)たばこ有害論と喫煙規制
(2)内部被曝問題と受動喫煙問題
(3)たばこ評価と他の有害物質評価との比較
(4)たばこ有害論争の本質
(5)一律のたばこ規制見直しの兆し
(6)条例制定ではなく東京独自のスタイルが求められる

 提言を紹介した名取氏は「福島原発事故から3年11カ月になるが、政府は内部被曝についてあまり触れない。受動喫煙と内部被曝のどちらが深刻か。なぜ、いま、(内部被曝対策もないのに)受動喫煙防止のための条例をつくらなければならないのか」と疑問を呈した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  6. 6

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  7. 7

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  8. 8

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

もっと見る