二木啓孝
著者のコラム一覧
二木啓孝

1949年生まれ。鹿児島県出身。明大中退。日刊現代ニュース編集部長を経て、日本BS放送取締役・解説委員。

ゲスト津田大介さん<下>思ったこと、言わなきゃいけないことは言い続けます

公開日: 更新日:

二木 津田さんはヘイトスピーチをはじめ政治的、社会的な問題で積極的に発言されています。

津田 東京で生まれ育ったので、差別はあまり身近ではなかったのですが、高校時代に部落差別問題を知り、大学のゼミでもこの問題をテーマにし、ゼミ論を書きました。

二木 家庭の影響は?

津田 父親が社青同の活動家をずっとやり、その後、社会党左派の代議士の秘書になったのです。そういう意味では政治の身近にいたのでしょうね。母親は大学の職員だったのですが、労災をめぐり大学(国)を相手に裁判を起こし最高裁までいったのです。母親は働きながら裁判に臨むわけで、結構つらかったと思います。そういう中で社会から弾かれるってどういうものかを身をもって知りましたね。

二木 そうした背景があるから、ヘイトスピーチに声を上げられたのですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  5. 5

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  6. 6

    中居正広が「酒浸り」告白 五輪キャスター“再選出”も声かからず意気消沈の日々

  7. 7

    小林賢太郎氏は開会式演出をクビに…“もうひとりの太郎”麻生財務大臣「ナチス肯定発言」の責任は?

  8. 8

    鈴木保奈美&石橋貴明が離婚 「ユーチューブで発表」は夫への“餞別”代わりか

  9. 9

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  10. 10

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

もっと見る