二木啓孝
著者のコラム一覧
二木啓孝

1949年生まれ。鹿児島県出身。明大中退。日刊現代ニュース編集部長を経て、日本BS放送取締役・解説委員。

ゲスト津田大介さん<下>思ったこと、言わなきゃいけないことは言い続けます

公開日:  更新日:

二木 津田さんはヘイトスピーチをはじめ政治的、社会的な問題で積極的に発言されています。

津田 東京で生まれ育ったので、差別はあまり身近ではなかったのですが、高校時代に部落差別問題を知り、大学のゼミでもこの問題をテーマにし、ゼミ論を書きました。

二木 家庭の影響は?

津田 父親が社青同の活動家をずっとやり、その後、社会党左派の代議士の秘書になったのです。そういう意味では政治の身近にいたのでしょうね。母親は大学の職員だったのですが、労災をめぐり大学(国)を相手に裁判を起こし最高裁までいったのです。母親は働きながら裁判に臨むわけで、結構つらかったと思います。そういう中で社会から弾かれるってどういうものかを身をもって知りましたね。

二木 そうした背景があるから、ヘイトスピーチに声を上げられたのですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

もっと見る