• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
二木啓孝
著者のコラム一覧
二木啓孝

1949年生まれ。鹿児島県出身。明大中退。日刊現代ニュース編集部長を経て、日本BS放送取締役・解説委員。

ゲスト津田大介さん<中>文化と政治をつなげる「新しい社会運動」に力を注ぎたい

二木 改めて活字とWEBの関係ですが、活字をベースにしてツイッターで相乗化していくということを意識されているのでしょうか。

津田 意識したのは、情報のフローとストックということですね。活字はもちろん、ネットもデータベースの共有という面からすればストックです。一方、ツイッターやフェイスブックは、20分前の情報からクリックされなくなるという意味でフローです。消えていく情報のやりとりで盛り上がるという、ネットの情報の流れを大きく変えました。活字というストック情報をフローな情報で盛りあげることが可能になったということが大きなメリットでしょう。

二木 ツイッターは流れて消えていく。極めて動的なツールですよね。

津田 受け手側から考えると、動的な情報だけを見ているとじっくり考えることができなくなります。僕自身はネットが3割、活字が3割、そして残り4割は人です。ネットにも本にもない情報は人づてが多い。ネットも活字も活用し、人と会う。複数の情報経路を意識して持つことが必要ですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

もっと見る