二木啓孝
著者のコラム一覧
二木啓孝

1949年生まれ。鹿児島県出身。明大中退。日刊現代ニュース編集部長を経て、日本BS放送取締役・解説委員。

ゲスト津田大介さん<中>文化と政治をつなげる「新しい社会運動」に力を注ぎたい

公開日: 更新日:

二木 改めて活字とWEBの関係ですが、活字をベースにしてツイッターで相乗化していくということを意識されているのでしょうか。

津田 意識したのは、情報のフローとストックということですね。活字はもちろん、ネットもデータベースの共有という面からすればストックです。一方、ツイッターやフェイスブックは、20分前の情報からクリックされなくなるという意味でフローです。消えていく情報のやりとりで盛り上がるという、ネットの情報の流れを大きく変えました。活字というストック情報をフローな情報で盛りあげることが可能になったということが大きなメリットでしょう。

二木 ツイッターは流れて消えていく。極めて動的なツールですよね。

津田 受け手側から考えると、動的な情報だけを見ているとじっくり考えることができなくなります。僕自身はネットが3割、活字が3割、そして残り4割は人です。ネットにも本にもない情報は人づてが多い。ネットも活字も活用し、人と会う。複数の情報経路を意識して持つことが必要ですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  3. 3

    青木会長も力不足 男子ツアーV賞金は1000万円でも高すぎる

  4. 4

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  5. 5

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  8. 8

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    どうする渋野 来季米ツアー切符「3つの方法」はすべて難関

もっと見る