• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

世界禁煙デー 厚労省が打ち出した「2020年スモークフリー」

 厚労省は、5月31日の「世界禁煙デー」に続く「禁煙週間」のテーマを「2020年、スモークフリーの国を目指して~東京オリンピック・パラリンピックに向けて~」とした。有森裕子さんをモデルにしたポスターも制作。五輪を意識した、いや五輪に便乗したとも受け取れる“禁煙政策”である。WHOの今年のテーマは「たばこ製品の不法取引停止」。随分とかけ離れている。

 この数年間の国内のテーマを振り返ってみよう。

▽2012年「命を守る政策を!」
▽2013年「たばこによる健康影響を正しく理解しよう」
▽2014年「オールジャパンで、たばこの煙のない社会を」

 たばこの健康影響を訴え、たばこ(喫煙)を減らしていこうという方向できた。それが今年は、一気に「2020年スモークフリー」と、具体的な時期まで言及した目標にステップアップしたのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  6. 6

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  7. 7

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  8. 8

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

  9. 9

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る