世界禁煙デー 厚労省が打ち出した「2020年スモークフリー」

公開日:  更新日:

 厚労省は、5月31日の「世界禁煙デー」に続く「禁煙週間」のテーマを「2020年、スモークフリーの国を目指して~東京オリンピック・パラリンピックに向けて~」とした。有森裕子さんをモデルにしたポスターも制作。五輪を意識した、いや五輪に便乗したとも受け取れる“禁煙政策”である。WHOの今年のテーマは「たばこ製品の不法取引停止」。随分とかけ離れている。

 この数年間の国内のテーマを振り返ってみよう。

▽2012年「命を守る政策を!」
▽2013年「たばこによる健康影響を正しく理解しよう」
▽2014年「オールジャパンで、たばこの煙のない社会を」

 たばこの健康影響を訴え、たばこ(喫煙)を減らしていこうという方向できた。それが今年は、一気に「2020年スモークフリー」と、具体的な時期まで言及した目標にステップアップしたのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る