条例化先送り 工程表作り、分煙を盛り込んだ妥当な内容

公開日:  更新日:

 異例の延長戦に突入した都の受動喫煙防止対策検討会。5月29日の6回目の会合は、12人の委員のうち参加したのは7人だけと、やや寂しいメンバー構成だった。大荒れの前回から2カ月後の延長開催。結末が注目されたこの日の会合は一転して平穏に進行し、ようやく提言がまとまった。その内容はこうだ。

(1)都は(五輪)開催都市として、受動喫煙防止のための明確なビジョンと対策を示し、取り組みの工程表を提示すること。2018年までに、条例化について検討を行うこと。

(2)受動喫煙の問題は普遍的なもの。2020年のオリンピック、パラリンピック大会も、全国各地で競技が開催される予定。対策は国家として進めるべき課題であり、国に対しては、国家として全国統一的な法律での規制を働きかけること。

(3)今後の取り組みにあたっては、現在のガイドラインに基づく対策を一層強化。飲食店・宿泊施設等については、分煙や禁煙等の表示の徹底をはじめとした対策をより一層推進すること。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る