風俗嬢のように割り切りたい…夫とのSEX嫌悪する女たち

公開日:  更新日:

 男と女の間には深くて暗い川がある――。かつて作家の野坂昭如は、「黒の舟唄」で歌っていた。40年以上が過ぎてもなお川は枯れていない。オトコが知らないところで、オンナは怒り、嘆き、悲鳴を上げている。

 東邦大学医療センター大森病院・リプロダクションセンターでは月2回、「女性性機能外来(予約制)」を設けている。主な相談内容は、セックスをする気になれない、興奮しない、痛みがある、性嫌悪など。担当する田中祝江医師が言う。

「“セックスを断ると夫の機嫌が悪くなる”“セックスさえなくなればこの世は天国”“どんな嫌な相手でも仕事だと割り切れる風俗嬢のように、夫とのセックスを我慢できるようになりたい”などと話す女性もいらっしゃいます。妻の悩みのレベルは、夫の想像を超えていると思います」

 田中医師が「つい夫に怒ってしまった」と言うのは、50代夫婦のケース。妻は若いころからセックスが好きでなく、そろそろ“解放”してもらいたいと思っている。一方、夫は「妻はセックスが好きだったのに、最近応じなくなった。もしかして認知症ではないか。薬で治してほしい」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る