• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

風俗嬢のように割り切りたい…夫とのSEX嫌悪する女たち

 男と女の間には深くて暗い川がある――。かつて作家の野坂昭如は、「黒の舟唄」で歌っていた。40年以上が過ぎてもなお川は枯れていない。オトコが知らないところで、オンナは怒り、嘆き、悲鳴を上げている。

 東邦大学医療センター大森病院・リプロダクションセンターでは月2回、「女性性機能外来(予約制)」を設けている。主な相談内容は、セックスをする気になれない、興奮しない、痛みがある、性嫌悪など。担当する田中祝江医師が言う。

「“セックスを断ると夫の機嫌が悪くなる”“セックスさえなくなればこの世は天国”“どんな嫌な相手でも仕事だと割り切れる風俗嬢のように、夫とのセックスを我慢できるようになりたい”などと話す女性もいらっしゃいます。妻の悩みのレベルは、夫の想像を超えていると思います」

 田中医師が「つい夫に怒ってしまった」と言うのは、50代夫婦のケース。妻は若いころからセックスが好きでなく、そろそろ“解放”してもらいたいと思っている。一方、夫は「妻はセックスが好きだったのに、最近応じなくなった。もしかして認知症ではないか。薬で治してほしい」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  2. 2

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  3. 3

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  4. 4

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  5. 5

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  6. 6

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  7. 7

    辞めたジャニーズの末路は…山口達也を待ち受ける“地獄道”

  8. 8

    なぜ打ち切った? “上から目線”の日大広報・米倉氏を直撃

  9. 9

    TVから消え10年超…小橋賢児さんイベント仕掛人になるまで

  10. 10

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

もっと見る