風俗嬢のように割り切りたい…夫とのSEX嫌悪する女たち

公開日: 更新日:

 男と女の間には深くて暗い川がある――。かつて作家の野坂昭如は、「黒の舟唄」で歌っていた。40年以上が過ぎてもなお川は枯れていない。オトコが知らないところで、オンナは怒り、嘆き、悲鳴を上げている。

 東邦大学医療センター大森病院・リプロダクションセンターでは月2回、「女性性機能外来(予約制)」を設けている。主な相談内容は、セックスをする気になれない、興奮しない、痛みがある、性嫌悪など。担当する田中祝江医師が言う。

「“セックスを断ると夫の機嫌が悪くなる”“セックスさえなくなればこの世は天国”“どんな嫌な相手でも仕事だと割り切れる風俗嬢のように、夫とのセックスを我慢できるようになりたい”などと話す女性もいらっしゃいます。妻の悩みのレベルは、夫の想像を超えていると思います」

 田中医師が「つい夫に怒ってしまった」と言うのは、50代夫婦のケース。妻は若いころからセックスが好きでなく、そろそろ“解放”してもらいたいと思っている。一方、夫は「妻はセックスが好きだったのに、最近応じなくなった。もしかして認知症ではないか。薬で治してほしい」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  5. 5

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  6. 6

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  7. 7

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る