二木啓孝
著者のコラム一覧
二木啓孝

1949年生まれ。鹿児島県出身。明大中退。日刊現代ニュース編集部長を経て、日本BS放送取締役・解説委員。

ゲスト江上剛さん<下>振興銀行事件きっかけに、今ではフルマラソン年4回

公開日:  更新日:

二木 マラソンの話をお聞かせください。始めたのは振興銀行事件のときでしたか。

江上 振興銀行の(社長を)引き受けたものの、お先真っ暗になりましたね。講演もテレビもすべて断られ、文筆以外の仕事がなくなっちゃったのですよ。参ったなあと思っていたとき、近所の人からジョギングに誘われて始めました。

二木 走るようになって変化はありましたか。

江上 その頃は自分が世界で一番不幸だと思っていましたが、ジョギング仲間たちもそれぞれいろんな不幸、不安を抱えながら暮らしていることが分かってきた。すると、自分の悩みが相対化されていきましたね。自分だけがひとり苦しんでいるわけじゃないな、と。それでジョギングにのめり込むようになっていったのです。3年ほど前、僕のエッセーを読んでくれた安藤優子さんから“ランニングで人を助けることはできないかしら”と相談があり、友人を介して話し合いました。それで安藤さん、増田明美さん、斎藤環先生(精神科医)らと一緒にランニングでうつというか引きこもりを治すプロジェクトに取り組み始めたのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

もっと見る