服装にも兆候あり ベッキー型「不倫願望女」の見分け方

公開日: 更新日:

 清原逮捕の陰に隠れた感はあるが、ベッキー(31)の不倫騒動は依然としてくすぶったままだ。自宅に男を連れ込んで芸能界からパージされた矢口真里(33)は最近、「世の中の女性はけっこう浮気していると思う」とベッキーを擁護していた。

 確かに矢口の言うように、世の女性たちの不倫願望は強まる一方だが、気になるのがベッキー型の不倫願望女だ。ベッキーはこれまでスキャンダル処女で、ナイナイの岡村が「サイボーグ」と評するほど仕事一筋だった。

「最近、ベッキーさんのような優等生タイプのOLが、社内不倫に走るケースが増えています」とは、男女問題に詳しい作家のやすだあんな氏だ。

「ベッキーさんもそうですが、ちゃんとした家庭に育ち、“変な恋愛をしてはいけない”と自制心が強い女性は、30歳前後になると、“このままでいいのか”と自分の生き方に疑問を抱き、少し危険な恋愛を味わいたくなるのです。社内で優等生として通ってきたから、“私は後ろ指をさされる心配はない”と勝手に思い込む。そのため無防備な冒険をしでかします」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  8. 8

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  9. 9

    今度は全柔連のパワハラ隠蔽疑惑 山下会長の無責任な対応

  10. 10

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

もっと見る