服装にも兆候あり ベッキー型「不倫願望女」の見分け方

公開日:  更新日:

 清原逮捕の陰に隠れた感はあるが、ベッキー(31)の不倫騒動は依然としてくすぶったままだ。自宅に男を連れ込んで芸能界からパージされた矢口真里(33)は最近、「世の中の女性はけっこう浮気していると思う」とベッキーを擁護していた。

 確かに矢口の言うように、世の女性たちの不倫願望は強まる一方だが、気になるのがベッキー型の不倫願望女だ。ベッキーはこれまでスキャンダル処女で、ナイナイの岡村が「サイボーグ」と評するほど仕事一筋だった。

「最近、ベッキーさんのような優等生タイプのOLが、社内不倫に走るケースが増えています」とは、男女問題に詳しい作家のやすだあんな氏だ。

「ベッキーさんもそうですが、ちゃんとした家庭に育ち、“変な恋愛をしてはいけない”と自制心が強い女性は、30歳前後になると、“このままでいいのか”と自分の生き方に疑問を抱き、少し危険な恋愛を味わいたくなるのです。社内で優等生として通ってきたから、“私は後ろ指をさされる心配はない”と勝手に思い込む。そのため無防備な冒険をしでかします」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る