服装にも兆候あり ベッキー型「不倫願望女」の見分け方

公開日: 更新日:

 清原逮捕の陰に隠れた感はあるが、ベッキー(31)の不倫騒動は依然としてくすぶったままだ。自宅に男を連れ込んで芸能界からパージされた矢口真里(33)は最近、「世の中の女性はけっこう浮気していると思う」とベッキーを擁護していた。

 確かに矢口の言うように、世の女性たちの不倫願望は強まる一方だが、気になるのがベッキー型の不倫願望女だ。ベッキーはこれまでスキャンダル処女で、ナイナイの岡村が「サイボーグ」と評するほど仕事一筋だった。

「最近、ベッキーさんのような優等生タイプのOLが、社内不倫に走るケースが増えています」とは、男女問題に詳しい作家のやすだあんな氏だ。

「ベッキーさんもそうですが、ちゃんとした家庭に育ち、“変な恋愛をしてはいけない”と自制心が強い女性は、30歳前後になると、“このままでいいのか”と自分の生き方に疑問を抱き、少し危険な恋愛を味わいたくなるのです。社内で優等生として通ってきたから、“私は後ろ指をさされる心配はない”と勝手に思い込む。そのため無防備な冒険をしでかします」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  7. 7

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  8. 8

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

もっと見る