ローラにマギーも…過熱する“ポスト・ベッキー”争いの行方

公開日: 更新日:

「またこの時間に、お耳にかかりましょう」

 先月31日、TOKYO FM「ベッキー♪ GO LUCKY」に出演したベッキー(31)。いつものセリフで番組を締めくくったが、生き馬の目を抜く芸能界。話題はすでにベッキー「後」に移っている。

「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(27)との不倫が「週刊文春」で報じられてから約1カ月。先月29日には、事務所から休養の申し出があったことをレギュラー番組を持つテレビ各局が発表。TOKYO FMは「事務所からは休演の申し入れはない」というが、7本の地上波レギュラー番組は休演が決定。29日以降は仕事を入れておらず、CMも打ち切りや放送見合わせが続出しているため、2月中にテレビから姿を消す可能性も出ている。

 当初はベッキーに同情の声もあったが、文春を「センテンススプリング」と呼んだり、先月6日の会見前日に「友達で押し通す予定!笑」といったLINEの内容が流出したのを機に一気に潮目がチェンジ。「ベッキーのネタを扱うと視聴率がグンと上がるので、ワイドショーは積極的に取り上げる」(マスコミ関係者)という“事情”もあり、報道は過熱。所属事務所サイドが火消しのために一度はベッキーの仕事がオフ日だった先月29日に謝罪会見を開くという情報が駆け巡ったが実現しなかった。芸能リポーターの川内天子氏は言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  5. 5

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  6. 6

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

  9. 9

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  10. 10

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

もっと見る