ローラにマギーも…過熱する“ポスト・ベッキー”争いの行方

公開日: 更新日:

「またこの時間に、お耳にかかりましょう」

 先月31日、TOKYO FM「ベッキー♪ GO LUCKY」に出演したベッキー(31)。いつものセリフで番組を締めくくったが、生き馬の目を抜く芸能界。話題はすでにベッキー「後」に移っている。

「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(27)との不倫が「週刊文春」で報じられてから約1カ月。先月29日には、事務所から休養の申し出があったことをレギュラー番組を持つテレビ各局が発表。TOKYO FMは「事務所からは休演の申し入れはない」というが、7本の地上波レギュラー番組は休演が決定。29日以降は仕事を入れておらず、CMも打ち切りや放送見合わせが続出しているため、2月中にテレビから姿を消す可能性も出ている。

 当初はベッキーに同情の声もあったが、文春を「センテンススプリング」と呼んだり、先月6日の会見前日に「友達で押し通す予定!笑」といったLINEの内容が流出したのを機に一気に潮目がチェンジ。「ベッキーのネタを扱うと視聴率がグンと上がるので、ワイドショーは積極的に取り上げる」(マスコミ関係者)という“事情”もあり、報道は過熱。所属事務所サイドが火消しのために一度はベッキーの仕事がオフ日だった先月29日に謝罪会見を開くという情報が駆け巡ったが実現しなかった。芸能リポーターの川内天子氏は言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

もっと見る