<下>「恥ずかしくない開催国」づくりの危うさ

公開日: 更新日:

 厚労省のたたき台公表後、14日の会見で塩崎厚労相は「罰則を伴う対策は五輪開催国でみんなやっている」「世界に恥ずかしくないようにやっていかなければならない」「スモークフリー社会に向けて歴史的な第一歩を踏み出さなければいけないという認識で(案を)まとめた」とアピールした。

 東京五輪に向け、国を挙げた禁煙化政策を支える世論を高めようという狙いがあるのだろう。しかし、五輪が開催されるから受動喫煙防止対策を強化するという議論はちょっと違うのではないか。

 本当に国民の健康増進を目的とするのであれば、五輪に関係なく、受動喫煙と健康被害の因果関係、メカニズムを国民に分かりやすく説明し、十分な理解を深めたうえで政策として進めるべきである。

 最近はWHOの「日本の取り組みは世界最低レベル」という指摘や、政治家や医学関係者らの「五輪開催国はどこも実施している」という論調がまかり通っている。しかし、全国各地で屋外の喫煙規制が行われ、屋内についても分煙の取り組みが進んでいる現状を考慮すれば「世界最低レベル」の評価は不当ではないだろうか。『外圧』と『五輪』を利用した禁煙化政策の進め方を見ていると、国内でまともな議論もせず、少数派を切り捨てて「挙国一致」に走った過去の歴史を彷彿させるものがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  8. 8

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  9. 9

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  10. 10

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

もっと見る