<上>厚労省とメディア一体 「受動喫煙防止」法制化の流れ

公開日: 更新日:

 2020年の東京五輪開催にかこつけた強硬措置や法規制の動きが出てきている。「都心のイチョウ並木伐採」「共謀罪」「受動喫煙防止対策」、そして「たばこ増税」。イチョウ並木の問題は反対運動で歯止めがかかったが、今後「五輪のために」という口実でどんな動きが出てくるか分からない。受動喫煙防止対策問題に焦点をあてて検証する。

■健康被害の研究結果を根拠に規制強化

 10月12日から13日にかけ、メディアが「受動喫煙防止対策」案のたたき台を一斉に報道。「禁煙義務化、罰則も 東京五輪へ厚労省案」「飲食店原則禁煙に 悪質違反に罰則」「公共施設の禁煙義務化 飲食店は分煙、罰則も」などの見出しが目を引いた。

 11日に開催された各省の課長級が出席する受動喫煙防止対策のワーキンググループに厚労省案が示され、この案を基に議論を進めることになった。それを受け、厚労省が記者クラブで説明会を開き、その内容を各社が報じたものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る