<1>セックスのあと頻繁に出血…検査で腫瘍が見つかった

公開日:  更新日:

「めちゃくちゃヤラれて、こうなってるだけじゃないの?」

 新宿を探し歩いて3つ目、ようやくたどり着いた雑居ビルの2階。婦人科の老医師は診察台に横たわる私のあそこを一見すると、診断もせずに吐き捨て、あそこに軟膏を塗った。

「あんたは顔立ちも幼いし、体も小さいから、お客に好きなようにされるんでしょ」

 それで終わり。この絶対にあり得ないような仕打ちを受け、これが体を売ってきた代償だなとも思った。実際あそこが荒れるなんて、風俗ではそんなに珍しい話でもないのだ。

 セックスのあとに頻繁に出血するようになったのは、昨年夏のことだ。それは素人目にもただの不正出血とは違っていた。太ももを赤く伝い、いつまでたっても止まらない私の血。もう、自分ではどうすることもできず、同じ新宿でそこそこに大きい病院に行った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

もっと見る