<1>セックスのあと頻繁に出血…検査で腫瘍が見つかった

公開日: 更新日:

「めちゃくちゃヤラれて、こうなってるだけじゃないの?」

 新宿を探し歩いて3つ目、ようやくたどり着いた雑居ビルの2階。婦人科の老医師は診察台に横たわる私のあそこを一見すると、診断もせずに吐き捨て、あそこに軟膏を塗った。

「あんたは顔立ちも幼いし、体も小さいから、お客に好きなようにされるんでしょ」

 それで終わり。この絶対にあり得ないような仕打ちを受け、これが体を売ってきた代償だなとも思った。実際あそこが荒れるなんて、風俗ではそんなに珍しい話でもないのだ。

 セックスのあとに頻繁に出血するようになったのは、昨年夏のことだ。それは素人目にもただの不正出血とは違っていた。太ももを赤く伝い、いつまでたっても止まらない私の血。もう、自分ではどうすることもできず、同じ新宿でそこそこに大きい病院に行った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  4. 4

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  5. 5

    コロナ禍の紅白歌合戦 綾瀬はるかと嵐が司会を外れた謎

  6. 6

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  7. 7

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  8. 8

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  9. 9

    またもキャディー交代…もがく渋野日向子の“浮気性”は吉か

  10. 10

    黒木瞳の監督映画が大コケの様相…不運続きに同情的な声も

もっと見る