<1>セックスのあと頻繁に出血…検査で腫瘍が見つかった

公開日: 更新日:

「めちゃくちゃヤラれて、こうなってるだけじゃないの?」

 新宿を探し歩いて3つ目、ようやくたどり着いた雑居ビルの2階。婦人科の老医師は診察台に横たわる私のあそこを一見すると、診断もせずに吐き捨て、あそこに軟膏を塗った。

「あんたは顔立ちも幼いし、体も小さいから、お客に好きなようにされるんでしょ」

 それで終わり。この絶対にあり得ないような仕打ちを受け、これが体を売ってきた代償だなとも思った。実際あそこが荒れるなんて、風俗ではそんなに珍しい話でもないのだ。

 セックスのあとに頻繁に出血するようになったのは、昨年夏のことだ。それは素人目にもただの不正出血とは違っていた。太ももを赤く伝い、いつまでたっても止まらない私の血。もう、自分ではどうすることもできず、同じ新宿でそこそこに大きい病院に行った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  4. 4

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  9. 9

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  10. 10

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

もっと見る